運動によるダイエット

・ウォーキング
運動によるダイエットとして楽ですぐにはじめられるといった特徴があるのがウォーキングであります。v ウォーキングを行うときは動きやすい服装とウォーキングシューズで行いましょう。
それにウォーキングは通勤や通学の行き帰り、朝昼のちょっとした時間に楽に行えるのでダイエットに良いと思われます。
ウォーキングを行うときはいつもと同じぐらいのスピードで行って、慣れてきたら万歩計などで測り、測った値プラス1000~3000歩ぐらいを目安にウォーキングをすると良いと思われます。
それにも慣れてきたら1日30分ウォーキングを行うようにしましょう。
一気に30分行うのはキツイと思うので10分を3回行っても脂肪の燃焼効果はあるのでどちらでもかまいません。

・ジョギング
足に筋肉をつけたいときに適している運動としてジョギングがあります。
ジョギングを最初に行うときは10分間ウォーキングして、5分間ジョギング、そして15分間ウォーキングといったぐらいの運動をするようにしてください。
スピードは自分で走っていて楽だと思えるぐらいのスピードで走ったほうが良いでしょう。
この運動に慣れてきたら次はウォーキング10分、ジョギング15分、ウォーキング5分といった感じで徐々にジョギングの時間を長くして慣らして行きましょう。
毎日走らないといけないと考えずに土日だけでも運動効果は現れるので、ジョギングをする日としない日を作ってメリハリをつけると長続きすることができると思われます。

・ストレッチ
エクササイズや運動の前後には必ずストレッチを行ってください。
ストレッチは筋肉をほぐしてくれるだけでなく、ダイエット効果もあるので運動前に行うようにしてください。 ストレッチは全身の代謝を上げて、エネルギー消費量をアップしてくれる効果があり、その他にも怪我の予防や柔軟性の向上といった血行促進、運動による疲労の回復にも役立つので行うようしましょう。
それにストレッチを行うときは筋肉が伸びていることを意識しながら行うと効果が得られます。
ストレッチには筋肉の緊張をほぐして疲労物質を取り除いてくれる効果があり、疲労がとれてリラックスする事でストレスによる暴飲暴食を抑える効果があるのです。

・筋肉トレーニング
筋肉トレーニングは有酸素運動とペアで行うと効果的で体内の筋肉量を増やすことによって基礎代謝量が上がり、脂肪が燃焼されやすくなるからです。
・歩き方と基礎代謝
どんな方でも生活していく中で歩くと思われます。
歩き方をちょっと工夫して有酸素運動や普段使用しない筋肉を使用して基礎代謝を上げるようにしましょう。

・基礎代謝を上げる歩き方
正しい歩き方の前に基礎代謝が上がらない歩き方として、次のようなものがあります。
・足を引きずって歩く
・歩くとき、膝が常に曲がっている方
こういった歩き方をしていると基礎代謝が上がらないだけでなく、O脚や骨盤のずれ、むくみなどの原因にもなって弊害がでるそうです。
しっかりと正しい歩き方をマスターして基礎代謝を上げることによってダイエットになるので歩き方を正しくマスターしましょう。
正しい歩き方は背筋を伸ばした状態でヒップを閉める様に立ち、目線はできるだけ遠くを見て腰から歩くように意識して一歩一歩「膝」を伸ばすように歩くと良いでしょう。
このように立って歩くだけで普段あまり使用されない、内太ももの筋肉やふくらはぎ、お尻といった箇所の筋肉が刺激されて、基礎代謝が上がるのであります。
また、運動をする時間がない、食事制限は嫌だ、でも本気でやせたいという方はグリーンスムージー無理なく健康ににダイエットをしてみてはいかがでしょうか。高級なミキサーも材料も一切不要で、お気軽に実践できますので是非お試しください。  

pickup

ステンレスの戸建て表札

2017/9/22 更新